So-net無料ブログ作成

MYSTERY RANCH “CUBE MASTER DUFFLE M”&基本とは...2017~シャツ編~(2017.03.03) [BAG]

mr new (94).JPG

みなさん、こんにちは。

コバヤシです。

ただいまノーザンではスーパー入荷ラッシュ中のため、
本日のブログは二本立てでお送りいたします。

すご~く長くなると思うので、暇なときにお読みください。

今日は枕もなしでいっちゃいます。

まずはミステリー・ランチの新作からコチラのご紹介を。
mr new (80).JPG

ダッフル・バッグのキューブ・マスターです。

500デニールのコーデュラ・ナイロンを使用して、
過酷なテストをパスしたタフなバッグなんですよ。

mr new (67).JPG

ポケット類は一切ありませんが、容量45Lでなかなかの収納力。

mr new (64).JPG

中身が少ないときは、コンプレッション・ベルトで本体をギュッと絞れます。

mr new (65).JPG

メイン・ハンドルはレザー・パッドで持ちやすく、

mr new (61).JPG

両サイドにもハンドル付き。

mr new (74).JPG

ショルダー・ストラップにはしっかりとした滑り止めパッドが。

mr new (58).JPG

少しオリーブがかったグレイのオレガノと、

mr new (70).JPG

ブラックの二色。

mr new (97).JPG

手持ちでも、

mr new (95).JPG

肩掛けでも様になります。

結構お値打ち価格なのも魅力的ですね。
旅行、出張用にひとつあるとすごく便利ですよ。


MYSTERY RANCH CUBE MASTER DUFFLE M ¥11,880

☆OUTER WORKERS FATIGUE JACKET MOD ¥28,080



little kihonDSC02904.JPG

続きまして2017年、洋服選びの基本をお伝えする第2弾、
『基本とは...~シャツ編~』をお送りいたします。

前回、靴編をやった後、とあるノーザンアイランダーの方から、
「説教されてるようだった」と言われたりもしましたが(笑)、

EHDboUau_400x400[1].jpg

本日も「お前に一言物申す!」by江頭 2:50って感じで
遠慮なくやらさせていただきます。

さて、シャツですが、靴の次ぐらいに重要なアイテムなんです。

ジャケットやニットの下に着ていても襟や袖口は見えてるし、
襟は顔の近くにあるものなので、人の印象にかなり影響を与えます。

little kihonDSC02660.JPG

なので、ノーザンでは基本的にシャツはボタンダウンをおすすめしております。

なぜボタンダウンなのか?

レギュラー・カラーはビジネス、冠婚葬祭用に持っていた方がいいですが、
休日使いだと少し面白味に欠けます。

ワイド・カラーは気をつけないとスカした感じになりやすい。
(FOBのものはドレスとワークのバランスが絶妙なので心配無用です。)

ラウンド・カラーはジャケットなんかに合わせると、
ちょっとかわいくなりすぎる。

となると、やっぱりボタンダウンが一番バランスがいいんです。
洗いざらしでもだらしなく見えず、アイロンかければビジネスでも使えます。

そして何より、ちゃんとしたB.D.シャツの襟は美しい。

美しい襟のロールを出すには、いい生地とキチっとしたカッティング、
接着芯ではなくフラシ芯、ボタンの位置などが重要になってきます。

量販店のB.D.シャツなどはそこらへんがおろそかになってるので、
襟がベターっとなっていてダメダメです。

little kihonDSC02894.JPG

その点、ノーザンで扱っているB.D.は何の心配もいりません。
ボタンダウン馬鹿のわれわれが自信を持っておすすめするものばかりです。

みなさん、ボタンダウンシャツを着ましょう。

little kihonDSC02654.JPG

で、次は色、柄の話です。

まず何よりも優先すべきは白!そして無地!!です。

これから一生、一枚のシャツしか着れないとしたら、
これしか選択肢がありません。

いろんな色や柄に浮気しても、最終的に戻ってくるのが白無地です。

一番ごまかしがきかないものでもありますので、
いい生地のものを着てくださいね。

little kihonDSC02699.JPG

二番目はもうひとつの王道、サックス・ブルーのオックスフォード。

オン・オフ、どちらでも使えますので、押さえておきましょう。
こういう一見、地味なものほど着回しが利くんです。

little kihonDSC02717.JPG

三番目はネイビーorサックス×白のロンドン・ストライプ。
これもビジネスからカジュアルまで使えるやつです。

little kihonDSC02802.JPG

ちょっと太めなストライプのモノもなかなか乙な感じなんですよ。

little kihonDSC02909.JPG

最後はネイビー×白のギンガムチェック。

もうベテラン・ノーザンアイランダーの方なら一枚はお持ちのはず。
永遠の定番です。

little kihonDSC02873.JPG

そして、上級者の方はシャツ・スタイルにベストを合わせていただくと、
「オッ、次のステージに上がったな。」と実感できて、いいと思います。

それではコーディネートを。

little kihonDSC02885.JPG

今日も全身私物です。

little kihonDSC02888.JPG

シャツはリネンのリメイク・ポロ。

ケロが付いてないので、イシイから偽物扱いされたりしますが、
正真正銘スティアンコルのリメイク・ポロです。

little kihonDSC02886.JPG

上には個人的に購入したスティアンコルのベストを。

little kihonDSC02887.JPG

数少ない女性ノーザンアイランダーの方には好評でした(笑)。

little kihonDSC02881.JPG

さらに今の時期はノースのアレッサンドロを羽織ります。
「フォー・シーズン」の名前の通り一年中大活躍。

little kihonDSC02883.JPG

パンツはFOBのピケ。

ヘビロテしていたら、だんだん色落ちしたブラック・デニム
みたいになってきました。

ワタシにとってはグレーのウール・トラウザー代わりのパンツです。

靴は昔やっていたパラブーツのチャッカ、ブロワ。
今年の秋冬は久しぶりにやる予定です。

little kihonDSC02874.JPG

う~ん、普通ですね。

着ている人間は普通じゃないのに。

そういえば店で接客していて思うんですが、世の中、
意外と普通の洋服が嫌いな人って多いんでしょうか?

今日紹介したシャツ四種類って、着てない方が多いんです。

薦めても反応が今ひとつで、着こなしが難しい
上級者向けシャツのほうに目が行ったりとか...。

物事には順番ってもんがあって、ここらへんの基本的なシャツを着こなせないと
いろんな色や柄のシャツは着こなせないと思うんですよね。

そんなこと言うと“お洒落は自由だろ”とおっしゃる方も
いるんですが、それも間違いです。

レールが無いと列車は自由に動けないように、基本的なルールを守らないと
お洒落も自由にはできません。

自由と言っても無制限な自由ではないってことです。
最低限の枠組みがあったほうが、洋服選びも楽になります。

little kihonDSC02902.JPG

いまいち何を着たらいいかわからないという方は、
今日紹介したシャツを着てみてください。

かなりお洒落の地力が上がりますから。

この四種類だけでもいろんなコーディネートが可能です。

基本をしっかり押さえた後で、ぶっ飛んだものに手を出しても
遅くはありませんよ。

以上、『基本とは...シャツ編』でした。

ご精読ありがとうございました。


NORTH OF HEAVENのシャツはこちら
SOUTIENCOLのシャツはこちら

☆OUTER NORTH OF HEAVEN ALESSANDOROⅢ ¥73,440
☆PANTS F.O.B. FACTORY F1134 ¥12,960


前回までの『基本とは...』シリーズを下にまとめておきましたので、
こちらも併せてお読みください。

基本とは… (2008.03.11)

基本とは...2017~靴編~(2017.02.10)



〇昨夜の帰宅ミュージック

little kihonDSC02924.JPG

言わずと知れたデヴィッド・ボウイの名盤『ジギー・スターダスト』。

「思春期を潜り抜ける時の苦さにも似たアルバム」by HMV。
ノーザン店内でもよくかかるんですよ、このアルバムの曲が。

一曲目『ファイブ・イヤーズ』から最後の『ロックン・ロールの自殺者』まで、
切なくて、狂おしくて、ノリノリで美しい。

やっぱりこういうアルバムは頭から通して聴かないと。

普段ネットで一曲単位で音楽聴く人たちにも、
ぜひアルバムを買って聴いてもらいたいですね。

レッドウィングなんかと一緒で、いいものは何十年経ってもいいんです。



“さあ、手を伸ばしてくれ あなたは素晴らしい~♪”

それでは、また。



    コバヤシ





nice!(4)  コメント(4) 

nice! 4

コメント 4

hase

素晴らしい!同感です。私もシャツはずっとこの4種の着回しです。
これらがあっての他色のチェック等(白ベースで)です。
特に白BDは、同じオックスでもいろいろ、これにリネンやブロードを足したり。
私は首が太いので、首に合わせるとワンサイズ上げる必要があり、それでネクタイする用としない用も・・・裾を出すやつ、出さないやつとかも。
襟はふらし芯は必須ですよね。
もちろん、サイズやデザイン等で失敗しながら、ここに辿り着いたって感じです。
で、パンツやジャケット、ニットも、ネイビー、グレー、ベージュ系の着回し。
ずっと同じカッコですが、年齢(経験)によって、より上質な物が分かるようになってきました。
ノーザンさんのようなお店が近くにあればなぁ・・・(石川県人)



by hase (2017-03-04 10:03) 

northernisland

haseさま、こんにちは。

年齢を重ねると自分に最低限必要なものが分かってきて、
無駄なものがそぎ落とされてきますね。

ワタシのクローゼットは白、ネイビー~ブルー系、グレー、
ベージュ、オリーブ、靴は茶系ばっかりです。

石川県は昔、金沢に日帰りで行ったことがあります。
兼六園を中心にして、なかなか趣のある町並みで
新潟にはない良さがありました。

haseさまもぜひ無理をしてでも(笑)、新潟、ノーザンに
お越しくださいませ。

    コバヤシ
by northernisland (2017-03-04 11:06) 

hase

ありがとうございます。
15~16年前に、仕事の関係で新潟の駅前のホテルで、2年連続約10日間滞在しました。連夜、古町に繰り出し、しばらくカード返済地獄に陥りました・・・。それ以来行けてませんが、新潟は大好きな場所で気になる場所です。また行きたいなぁ。今度は必ずノーザンさんにお伺いしたいです。
ノース・オブ・ヘブンのシャツいいですね(持ってませんが・・・)。サイズ展開も親切で、サイズも自分にほどよい感じです。が、もう在庫は無いのですね・・・またオリジナルシャツの販売を期待しています。
by hase (2017-03-04 12:23) 

northernisland

haseさま、新潟はメシがうまい、酒は美味しい、
女性は美人が多いため、お金がかかりますね(笑)。

ノース・オブ・ヘイブンのシャツは復活させるために
ただいま奮闘中です。
良いお知らせができるように頑張ります。


    コバヤシ
by northernisland (2017-03-04 16:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント