So-net無料ブログ作成

基本とは...2017~パンツ編~(2017.03.14) [BOTTOMS]

lit kihonDSC02967.JPG

みなさん、こんにちは。

コバヤシです。

今回のブログの枕はたいへん多くの方を不快にさせる
内容だったため削除させていただきました。

誠に申し訳ありません。

3月15日のブログで謝罪文も書かせていただきましたので、
そちらも読んでいただけると嬉しいです。

それでは、『基本とは...2017』の第3弾、
パンツ編をお送りさせていただきます。


lit kihonDSC02973.JPG

たかがパンツ、されどパンツ。

目立つものではありませんが、何気に重要なのがパンツです。

とりあえず、いい大人が裾をズルズル引きずったり、
穴が開いたボロボロのデニム穿いたりするのはやめましょう。

裾を長めにすると足が長く見えると勘違いされてるかたも多いですが、
あれは裾が溜まって、逆に足が短く見えてしまいます。

ハーフ・クッションかワン・クッション、
床の少し上くらいの丈をおすすめします。

そういえば最近の若いかたはパンツの丈がすご~く短い人が多いですね。

若いときは流行に影響されやすいのでしょうがないですが、
さすがにくるぶしが見えるくらいの丈はどうかと。

ちょっとやりすぎだと思います。

あっ、十代のときに腰パン、正確にはチ〇コ履きが流行った世代の戯言でした。
(ワタシは腰パンしませんでしたよ!)

lit kihonDSC02957.JPG

で、具体的に何を履けばいいのよって話ですが、まずはやっぱりデニム。
ノーザン定番のFOB、F151です。

14.5ozの肉厚デニムとちょい細身のきれいなシルエット。
最初は硬いですが、色落ちもすごく楽しめます。

lit kihonDSC02961.JPG

ヒップ・ポケットのL〇e風ステッチもポイント。

lit kihonDSC03006.JPG

そして、FOBのデニムはちょっと硬すぎるというかたには
ワーカーズのデニム802モデルがおすすめ。

こちらもちょっと細身のテーパード・シルエット。
13.75ozデニムなので、FOBと比べるとソフトな履き心地。

lit kihonDSC03013.JPG

ヒップ・ポケットもステッチなしでシンプルに。

lit kihonDSC02976.JPG

デニムの次と言ったらチノパンです。
FOBのヴィンテージ・トラウザース。

ヴィンテージのディテールを再現しながら、少し細身のシルエットで現代的に。
「綾くずれ」という手法で作られた生地は、履きこむほどに味が出てきます。

lit kihonDSC02992.JPG

FOBのピケパン、カーキ色はチノパン感覚で使えるので、
5ポケット派の方にはこちらがおすすめです。

lit kihonDSC02979.JPG

三つめはグレーのトラウザー。

ネイビーのジャケットを合わせればビジネスで、ニットを合わせれば
オトナのカジュアルと、非常に使えます。

サマー・ウールからフランネル、コットンのものまで、いろいろ揃えておきましょう。

lit kihonDSC02995.JPG

5ポケット派の方にはFOBのピケパン、チャコールを。

lit kihonDSC02984.JPG

さて、デニム、チノパン、グレーのトラウザーと、基本のパンツが一通り揃ったら、
次はちょっと冒険してFOBのピケパン、ナチュラルはいかがでしょうか?

「え~、白パン!?」と怖気づいてしまったあなた、FOBのコレは真っ白ではなく、
生成りがかった白なので、そんなにキメキメな感じにはなりません。

ピケ特有の畝のおかげで汚れもつきにくく、
ついたとしてもすぐ洗えば落ちます。

清潔感もあって、われわれは年がら年中愛用しております。
特にネイビー系のトップスには鉄板です。

lit kihonDSC02999.JPG

最後はオリーブ系のパンツ。

カーゴ・パンツはテーラードジャケットやドレス・シューズなんかに合わせると、
ミリタリー要素がアクセントになって、すごくいいです。

lit kihonDSC02988.JPG

今やノーザンの大定番になったベイカー・パンツは腰回りゆったり目、
ちょい細身でどんな体型の人でもスッキリ見えます。

オリーブ系パンツもノーザンアイランダーのみなさま大好きなネイビー系、
グレー系のトップスに相性抜群です。

それでは、コーディネートを。

lit kihonDSC02947.JPG

今日も全身私物です。

lit kihonDSC02948.JPG

上半身インディゴ~ブルー攻め。

lit kihonDSC02946.JPG

パンツはピケパンのナチュラル。

最近、腹に贅肉がついたのか、尻や脚に筋肉がついたせいなのか、
少し丈が短くなりました。

靴はパラブーツのアヴォリアーズ。
この型押しアヴォリアーズも秋冬にまたやる予定です。

lit kihonDSC02950.JPG

ちょうどイシイもグレーのウール・トラウザーを穿いていたので、
協力してもらいました。

lit kihonDSC02951.JPG

同じく上半身インディゴ~ブルー系で。

lit kihonDSC02941.JPG

ウール・トラウザーに白いスペルガを。
ガキんちょには真似できないオトナの合わせです。

日本にもこんな格好のオヤジがどんどん増えてくれたらな~。


FOBのパンツはこちら

WORKERSのパンツはこちら

ARBREのパンツはこちら


一部のノーザン・アイランダーの方々からは好評の『基本とは...』シリーズ、
パンツ編はいかがだったでしょうか?

なかなか洋服選びの基本というのは学ぶ機会が少ないんです。
学校で教えてくれるわけでもありませんしね。

ホントは義務教育に入れて欲しいくらいなんですけど...。
“食育”と同じくらい“服育”も大事だと思うんだけどな。

文部科学省さん、どうですか?

そして、今は「てっとり早くオシャレになれる」と謳われるサイトや本、
パーソナル・スタイリストとか、お手軽なものがいろいろあります。

しかし、そんなものより自分で考えて洋服や靴を買う、着る、履く。
これが一番、血となり肉となります。

この『基本とは...』シリーズがその一助となれば幸いです。
ご精読ありがとうございました。



前回までの分も併せてお読みください。

基本とは… (2008.03.11)

基本とは...2017~靴編~(2017.02.10)

MYSTERY RANCH “CUBE MASTER DUFFLE M”&基本とは...2017~シャツ編~(2017.03.03)



〇今朝の通勤ミュージック

lit kihonDSC02928.JPG

今朝はブルース・スプリングスティーンの『明日なき暴走』を。

以前、オバマ前アメリカ大統領はブルース・スプリングスティーンのことを
こう言っていました。

「私はアメリカの大統領ですが、アメリカの“ボス”は彼です。」と。

アメリカの良心みたいな人ってことですね。

見た目は筋骨隆々で、いかにもマッチョなアメリカ人。
しかし、酒もタバコもドラッグもやらない、趣味は読書。

32歳からはうつ病を患っているということです。
人は見かけによらないですな。

そんな彼の代表作が『明日なき暴走』。
コンパクトにまとまって締まったアルバム。
表題曲も名曲です。



“オレたちみたいな根無し草は 走るために生まれてきたのさ~♪”

それでは、また。



    コバヤシ






nice!(6)  コメント(23) 
共通テーマ:ファッション

nice! 6

コメント 23

風次郎

文章中の表現にマイナスな印象を持ちます。

客への不満をここでは、漏らさないほうがいいです。

by 風次郎 (2017-03-14 16:44) 

northernisland

風次郎さま、

コメントありがとうございます。

文章中の表現で不快な思いをさせてしまったのであれば
申し訳ありません。

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

風次郎さまのご意見は、今後の私の接客、ブログに
活かさせていただきます。

また何かありましたら忌憚なくおっしゃってください。


    コバヤシ

by northernisland (2017-03-14 17:22) 

りゅう

いつもブログ楽しんで読んでますが、今回はあまり良い感じはしませんでしたよ。お客さんの生の質問にはウェブサイト上のやり取りだけでは計り知れない何か大事なヒントがある、と思った方が良いのではないでしょうか?
ユーザーにとってこれだけ情報が氾濫すると、やっぱり最後に店員さんのアドバイスに頼るのは至極当然だと思います
by りゅう (2017-03-14 20:13) 

northernisland

りゅうさま、
コメントありがとうございます。

そうですね、おっしゃるとおりです。
私の中に驕りがあったのと想像力が足りなかったみたいです。

そこらへんを自覚してこれからやっていきたいと
思っております。


   コバヤシ
by northernisland (2017-03-14 21:01) 

ひろし

いつもブログを楽しみに拝見しております。7年近く、昼休みの癒やしにもなっています。
ですが、今回のブログは初めて不快な気分になりました。インターネットを誰もが完璧に使えるわけでもなく、電話で問い合わせするのもブログで書かれている文章に親しみを持ち、スタッフのみなさんを信頼しているからこそだと思います。
皆さまを応援しておりますので、あえて苦言を述べさせていただきました。
by ひろし (2017-03-14 21:55) 

mark

いつも楽しく拝見させていただいております。
今回の冒頭部はあまり気持ちのいいものではありませんでした。
情報が溢れているからこそ、信頼した人にアドバイスを求めたいのに突き放された感じがありました。
これからの応対に改善が見られることを期待いたします。
by mark (2017-03-14 22:00) 

残念

毎日このブログを見るのを楽しみにしています。
皆様おっしゃられてるようですが、私も今回のブログは呼んでいて非常に残念な気持ちになりました。

サイズ感に関してですが、寸法が載せてあるからといってすぐに判るものではありません。寸法の情報だって不十分です。ウエストがどれくらいシェイプされてるのか等細かい所はわかりません。写真を載せていてもダメです。それぞれモデルになっている方にピッタリなサイズを着られてる事が多いですが、身長体重だけでモデルの体のラインが自分と似ているかなんて判りませんし、自分に合うか判断が付かない事があります。また、1サイズ下げたらどうなるんだろう?逆に上げたらどうなるんだろう?など不明なままです。
別のサイズを着た画像やサイズ順に重ねた画像を載せる。同ブランドの他モデル(SOUTIENCOLのSAN FRANCISCOとIVY LEAGUEなど)や過去モデルや他ブランドの物との比較を載せた記事を作って判り易い所に載せる。色々やれることはあるはずです。

ついでに他にも思っている事を書いておきます。
・商品の写真が悪い
特にシャツですが、生地感などがイマイチ伝わりません。他店ですが、例えばOlimpicoさんのブログ(Archives)の画像はしっかり拡大が効き、また拡大に耐えうる画質で生地感が非常に判り易いです。ブログの仕様のせいであれば、ちゃんとした画像を載せられる所を探してそちらへのリンクも貼ると良い気がします。

・リンクが判り難い
ブラウザの差もあるかもしれませんが、左上のHPへのリンクも商品名からのリンクもそこがリンクになってるとぱっと見で判りにくかったりします。☆を付けていても気付かない人は気付かないでしょう。

スマホ一つあれば…とおっしゃっていましたがスマホ一つあれば別の店に行って買う事も出来るんです。それでもノーザンで買いたいと思わせる事が出来ているか、やることやってから苦言を呈しているのか、そろそろノーザンに来られて1年が経つようですし一度考え直してみてはどうでしょうか。
by 残念 (2017-03-14 23:28) 

northernisland

ひろしさま、markさま、
今回のブログで不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。

みなさまのお気持ちをしっかり受け止めて、
また努力していきたいと思います。


   コバヤシ
by northernisland (2017-03-14 23:30) 

たくや

いつも楽しみにしていますが、今回のブログにはガッカリです。
過去にノーザンで注文しましたが、御社の在庫管理システムとHPがリンクしておらず注文がキャンセルになることがありましたよ。
それを見越して、皆さん電話連絡されているのではないでしょうか。

また、ブログを通じてスタッフの皆さんに愛着があり、注文の際に電話で確認を取るのではないでしょうか。インターネット通販とはサイズ感など不安なものです。その不安はブログを通うじて、親近感を持っている皆さんと話すことにより、安心に変わるのではないでしょうか。
今回の小林さんのブログはその安心と信頼感をはっきり言って壊しましてしまいましたね。お店の本音を知ったような気がします。
田部さんのご家族の成長や、141さんのご家族の成長を感じ、親近感を感じてお店に愛着を持つ。商品の宣伝だけではなく、お店の雰囲気や、働く人、商品などお店全体を好きになるそんなブログだったのに残念です。

客商売をしていると、同じような質問を違う人から何度も聞かれて、嫌になることはよくあります。しかし、店員にとっては嫌になる何度目かの質問でも、そのお客さんにとっては初めての質問です。それをしっかり答えてあげるのが店員さんの務めであり、仕事であると思います。
またそのウサを別のお客さんへの対応で晴らすのは最低な事です。
今後、客商売を続けられるのでしたらこの事をもう少し感がえられてみてはいかがでしょうか。
by たくや (2017-03-15 01:16) 

星桃次郎

 他のみなさんのコメントに同感です。
 サービス業ならば、ありえません。
 大げさですが、過去のオーナーさんや141さんの(良い意味での)風刺や皮肉のブログの内容も、すべて台無しにしたと思えます。
 来客やスタッフの数(の少なさ)でその場での電話対応ができないのであれば、電話対応が比較的スムーズにしていただける時間帯をお伝えして一旦受話器を置くとか、いくらでも方法はあると思いますよ。
 服を購入する人は、金銭的に余裕がある人、ヘソクリで何とか工面して入魂の一着を購入する人、いろんな人がいます。
 今後のコバヤシさんのCS(カスタマー・サティスファクション)に期待しています。
by 星桃次郎 (2017-03-15 10:00) 

blau

コメント欄の状況に「なんだかなあ」という思いを禁じえない、ただのニワカです。

記事中の新人店員さんのご発言に、私のようなニワカと違って、お店で実際に商品も購入もされたりもしたのであろう方たちから、愛着ゆえか批判コメントの連続。
なるほど当然のご指摘だと私も思いましたが、後半にいくにしたがって、サイトの不備やネット購入時のミスといった具体的な問題が槍玉にあがってくる——そういうことは支障に気づいた(あるいはそれが元で実害が生じた)時点で、そのつどお店側にご指摘になれば済むことなんじゃないでしょうか?

大手でもない地方の小さな洋服屋さんからすれば、お店のブログにこれだけの批判コメントがくれば十分な痛手です。その中でさらに言及されている新人店員を名指しての接客姿勢批判は、お店への愛着から義憤にかられたにせよちょっとご発言がきつ過ぎます。
店員さんが自分を省みる最低限の心の余裕すら取り上げてしまってはいませんか——いちニワカにはそう思えます。
by blau (2017-03-15 10:02) 

blau

訂正です。

済むことなんじゃないでしょうか
       ↓
済むことだったんじゃないでしょうか
by blau (2017-03-15 10:22) 

northernisland

残念さま、たくやさま、星桃次郎さま、blauさま、
貴重なご意見ありがとうございます。

ワタシのブログや接客スタンスでノーザンへの信頼を
損なってしまい、反省しております。

ホームページやブログの不備もこれから改善できるよう
頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


   コバヤシ
by northernisland (2017-03-15 10:40) 

まぐろ

私、若いころメンズショップで10年ほど働いていました。今はもう還暦のじじぃ
ですが、いつも微笑ましくブログを拝見しております。

がんばれコバヤシ君。
by まぐろ (2017-03-15 11:44) 

northernisland

まぐろさま、
ありがとうございます。

私も還暦までノーザンで働けるように
頑張って参ります。

 
   コバヤシ
by northernisland (2017-03-15 11:52) 

sugano

こんにちは。
先のブログをみてから、ノーザンとの出会いを思い出していました。
HPリニューアル前のスタッフ通信のころですから、イシイさんが黒髪ふさふさのころからになります。
ノーザンは洋服屋さんのなかでは、ウェブ対応が早く、更新頻度、内容ともに特に秀でているという印象でした。
コメントこそしませんでしたが、10年以上、楽しませて頂いています。
こちらでジョンスメドレー、インバーアランといった定番も知り、同時になぜか音楽やキャンプの知識も増えていきました。
私のファッション感覚、ひいては人生観も、ノーザンと一緒に育っていました。

なぜそこまで惹きつけられたのか。一つは、はっきりと軸のある商品構成、洋服屋としての姿勢です。もうひとつは、スタッフさんの人間力だと思います。
利用する服屋さんはいくつかありますが、ブログを毎日見られるようにしているのはノーザンだけです。
10年前から一貫して、温かな人間味が伝わってくる文章は、日々の癒やしでありました。
洋服の情報だけでなく、ご家族との生活や、ペットともお話も楽しいです。世間に浮き沈みがあっても、いつも陽の気をとどけてくれます。
田部さん石井さんのライフスタイルは、自分が年を重ねていく上での指針とすら思っていました。
多くの方が、話したこともないのに、気心のしれた仕立て屋さんのように思ってしまうのも無理ないことです。

コバヤシさんは「ウェブショップでみればわかる」「スマホひとつで何でも調べられる」といったご意見でした。
いまどきの考えとして、間違ってはいないのです。ネット通販されている洋服店の大多数はコバヤシさん派だと思います。
あえていうならば、少数派への配慮が少し欠けているか、というくらいです。
私の両親などはスマホを持っておりません。それなりにネットに通じている私も、商品によっては最終的にはスタッフさんにお伺いしてから購入することが
あります。「ネットに書いてあるだろう」は、お若い方の意見かな、と思います。ですが、一般的なお店だったら、そこで終わる話だったと思います。

歴史あるノーザンから公式に発信される内容としては驚きでした。
スタッフさんを頼るお客さんが多いのは、それだけ、お店に信頼があるからです。
人と人との関わりを大切にしているお店だからこそ、連絡するのに、とがっかりしました。
同時に、辟易するような電話の連続にお疲れだったのか、とお察しします。

お店のブログにお客の不満を書くというのは、ネットの罠です。
悪質なお客が、注意喚起をみたところで、それを改めるかどうかは疑問です。
無礼なお客が10人あらわれたとしても、それは全体顧客の1%にも満たないはずです。
残り99%のお客さんにヘイトをまきちらすリスクを負ってまで発信する利益はないです。
不満は個人のSNSや居酒屋さんなどで吐き出すべきと愚考します。

ただ、批判を受けたからといって、言うとおりにすることもないと思います。
田部さん石井さんが、採用したノーザンの店員さんなのですから、ノーザンへの愛情は我々よりも強いはずと信じます。
お若い感覚とノーザンの伝統をかけあわせて、あらたなノーザン流が生まれることを期待します。

今後は、ふだん物言わぬ多数の人間も意識のかたすみに置きながら、ブログの更新をがんばってほしいです。
応援しています。ファイトです。

by sugano (2017-03-15 16:12) 

mrx

いつも楽しく拝見しております。
枕言葉に批判がとの事ですが、私も毎回読ませて頂きますが全く気になりませんでした。それは多分、長い記事だったので私が流し読みしたからだと思います。受け止め方は人それぞれですが批判された方々は記事をちゃんと読んでくれるnorthern islandさんとファッションを愛する方々でしょう。私も接客業の経験がありますが、思いがあるからこその批判は有り難いものです。私にとっては唯一毎日訪れるファッションブログですのでこれからも楽しみにしております。これに懲りずに小さくならずかと言って驕らず頑張ってください。
by mrx (2017-03-15 16:24) 

northernisland

suganoさま、
ありがとうございます。

私の想像力と配慮の無さからノーザンの伝統を
汚してしまい申し訳ありません。

普段寡黙な方々のご意見を聞かせていただき
非常にありがたいです。

ブログの更新も続けますので、また読んでいただければ
嬉しいです。


  コバヤシ


by northernisland (2017-03-15 16:25) 

northernisland

mrxさま、
ありがとうございます。

ノーザン愛ゆえのご批判、ありがたく思っております。

今回の経験はまた接客、ブログにも活かして
頑張っていきます。


  コバヤシ
by northernisland (2017-03-15 16:33) 

一購入者

だれかが「お店の本音を知ったような気がします。」と書かれていましたが、私もそう感じました。私はネットでこのお店の品物を購入したことがありますが、やはりサイズ感がわからずメールで問い合わせをしたときに返信のメールはなく、残念な思いをしました。ブログでの雰囲気が何か嘘っぽく感じました。責任者である田部さんが、このような多分今までにないコメント数になっても一言の言及もないというのにも違和感を感じます。
by 一購入者 (2017-03-15 18:23) 

いつかお店を訪ねたい!

 現場で揉まれてなんぼかも知れませんよ(笑)
 私見ですが、洋服へのハードコアな拘りは、アナログな世界が勝っているのかも知れません、特に、情緒的な感覚やイメージが大切なのだと思います。
 実際、定番品ほど実は高価であったりするわけで、生の店員さんの「一声」で購入に踏み切りたいわけですよ(笑)

by いつかお店を訪ねたい! (2017-03-15 18:38) 

TelephonePunch

お電話の問い合わせが多すぎて、業務にさしさわりが出てくると困りますよね。
「ネットに書いてあるんだから、自分で調べろよ」と言いたくなる気持ち、わかります。

当時の小林さんの正直な気持ちを書いてもらって、よかったと思っています。
もやもやを胸のうちに抱えたまま接客していては、悪い未来しかないです。
電話越しの軽蔑的な感情って、意外と伝わります。
一昨日や、三日前にご連絡していたら、お店とのご縁が終わっていたかもしれません。

これからも、思う所あったら、萎縮せずにどんどん発言してください。
色々な意見が届くことで、何か変わることもあるかと思います。
いずれもノーザンが好きな人たちばかりです。
批判はあっても、敵ではありません。
by TelephonePunch (2017-03-15 19:58) 

northernisland

みなさま、
いろんなご意見をいただき、ありがとうございます。

今回は私が自分でまいた種ですので、すべて私に
責任があります。

これから信頼を回復できるよう頑張って参ります。


   コバヤシ




by northernisland (2017-03-15 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント