So-net無料ブログ作成
検索選択

JOHN SMEDLEY "BELDEN"&ちょっと糸魚川へ行ってきました。(2017.03.24) [KNIT]

l beldenP1250025.JPG

みなさん、こんにちは。

コバヤシです。

最近、自宅の向かいにある梅畑の梅が
満開になりました。

『梅まつり』ののぼりも立ち始めて、
これから梅を観賞する人たちでにぎわいます。

桜もいいけど梅もいい。

家の窓から畑を見てると、季節の移り変わりが
はっきりとわかります。

いよいよ春ですね。

そんなわけで、本日のご紹介はスメドレーの
いわゆるTシャツを。

l beldenP1240950.JPG

普段、襟付きのものばかり着るわれわれが
オススメする数少ないTシャツのひとつ。

l beldenP1240949.JPG

スメドレーの上質なコットンは一度、着てしまうともうダメ。
病みつきになってしまいます。

l beldenP1240952.JPG

毎日の使用、洗濯にも耐える丈夫なリンキング。

l beldenP1240953.JPG

袖先と裾はリブ編みになっていて上品さがグーンとアップ。

l beldenP1240945.JPG

半袖ニットって感じです。

l beldenP1250029.JPG

ワタシみたいながっしり体型でも、細身の方でも
しっくりくる、ほどよいシルエット。

l beldenP1250028.JPG

ジャケットの下にも着れるTシャツと言ったら、
これが一番。

l beldenP1250032.JPG

オトナの方にこそ着ていただきたいTシャツです。
一枚着るだけでビシッと決まりますよ。


JOHN SMEDLEY BELDEN ¥23,760
 
※上の商品名をクリックしていただきますと、
 HPのショッピング・サイトにジャンプします。



〇ひさしぶりのおでかけ

l itoigawaDSC03093.JPG

先日、ちょこっと糸魚川へ行ってきました。
糸魚川市は新潟県の最西端に位置する市です。

実は去年の秋の終わりごろ、ベテラン・ノーザンアイランダーのMRYMさんとタナベに、
糸魚川にある高波の池を見てくれば、と言われまして。

高波の池には体長4メートルほどの巨大魚『浪太郎』がいるらしく、
「捕まえてこい。」というシャチョー命令が。

まあ、ブログのネタにもなるんで行ってみたんですよ。

l itoigawaDSC03082.JPG

新潟市から高速で、少し休憩を挟みつつ二時間弱。
長岡を越えると、けっこう雪が残っているところも。

l itoigawaDSC03083.JPG

糸魚川インターで降りて、国道148号を山の方へ。

l itoigawaDSC03101.JPG

姫川を横目に見ながら、どんどん登っていきます。

l itoigawaDSC03090.JPG

最終的には車一台分の細い道に突入。
「ホントにこの道でいいんだろうか。」と不安が頭をよぎります。

l itoigawaDSC03088.JPG

そして「あれっ、行き止まり?」
ナビでも地図でも、この道で間違いないんですけど...。

そういえば冬季閉鎖ってネットに書いてあったな。
冬の間、行けたという人もいたんで楽観視してましたが、
やっぱり新潟の山雪は半端なかった。

あ~、大失敗。
しょうがないから、また暖かくなったら来よう。

l itoigawaDSC03122.JPG

来た道を引き返しつつ、せっかく糸魚川へ来たので
『フォッサマグナミュージアム』へ。

こちらは糸魚川やその周辺地域から産する鉱物、
化石、岩石が展示されています。

l itoigawaDSC03168.JPG

糸魚川は世界的にも珍しい『ヒスイ』の産地なんです。
『ヒスイ』は深緑の半透明な宝石で、
2016年9月には日本の国石と認定されています。

l itoigawaDSC03133.JPG

大小のヒスイが所狭しと並べられております。

l itoigawaDSC03148.JPG

タナベが好きそうなパーポーな岩石も。

l itoigawaDSC03158.JPG

中庭には現代アート風なオブジェが。

l itoigawaDSC03163.JPG

なかなか面白かったんですが、高波の池に行けなかった
悔しさが残るワタシ。

リベンジしに、また糸魚川へ来るぞ!
と誓いました。


フォッサマグナミュージアムのホームページはこちら


◎おでかけミュージック

l itoigawaDSC03180.JPG

今回は往復4時間、いろいろ聴きましたが、その中から
ガンズ・アンド・ローゼズの『アペタイト・フォー・ディストラクション』を。

セックス、ドラッグ、ロックン・ロールを地で行くバンドだった
ガンズ・アンド・ローゼズ。

紆余曲折ありましたが、今も活動しております。
そんな彼らのデビュー作がこのアルバム。

若さゆえのエネルギーと危険な香りに満ちています。

ハード・ロックな曲が多い中で、
たまにロマンチックな面が顔を出す曲も。

全米一位になった『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』は、
イントロのギターだけで、ご飯どんぶり三杯いけるくらい好きな曲です。

ギターのスラッシュ曰く、適当に弾いたフレーズらしいですが、
名曲であることには変わりありません。



“彼女の微笑みは子供の頃を思い出させる
すべてが真っ青な空のように新鮮だったあの頃~♪”

それでは、また。



    コバヤシ






nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:ファッション

nice! 6

コメント 5

nerotrend

いままで通りのトーンでのブログ。
とても良いですね。
これからもその流れでお願いします。

ガンズ&ローゼズ「Sweet Child O' Mine 」は、
私もロック、プログレ、メタルと様々聞いてきましたが、
イントロでやられてしまう傑作です。
エンディングのギターメロディーもとても良いですしね。
by nerotrend (2017-03-24 12:50) 

northernisland

nerotrendさま、ありがとございます。

ワタシはガンズ&ローゼズ・リアルタイム世代では
ありませんが、『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』の
イントロを聴くたびに、どこか遠くへ連れていかれるような
気持ちになってしまいます。

おっしゃる通りエンディングも最高ですね。


    コバヤシ


by northernisland (2017-03-24 15:14) 

yukiyuki

あら?糸魚川グルメリポートは?!笑
あと、糸魚川といえば温泉ですね!←行ったことないけど!笑
リベンジ、楽しみにしてます♡
ガンズ!
大学時代にドームのライブへ行き、ドームがずーっとすさまじく揺れていたのを思い出しました笑 
なんだか熱いライブに行きたくなってきました!小林さん、ありがとうございます!おばちゃん、情熱ふたたびの巻。笑





by yukiyuki (2017-03-24 15:35) 

northernisland

yukiyukiさま、こんにちは。

グルメリポートについてはいろいろ思うところが
あったので、載せませんでした。

店の方に来ていただければ、何を食べたか
こっそり教えます(笑)。

ガンズのライブ行ったんですか!
ひとは見かけによらないんですね~(笑)。


   コバヤシ
by northernisland (2017-03-24 16:18) 

yukiyuki

わたし、めちゃんこハードな見た目じゃないですか!笑
じゃあ、こっそり行くから教えて下さいね♡ でも先に言わないで!
たぶんあれね、きっと笑 当てに行きます笑 ふふふ
そしてついでに(笑)なまけものの東ロンドン人、買いに行きます♡
サイズがおっきいような気がするのでまず試着させて下さいm(_ _)m
返信ありがとうございました♡ 
by yukiyuki (2017-03-24 16:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント