So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴアテックス製品のお手入れとJBCキャンプ①(2017.06.01) [OTEIRE - MAINTENANCE]


gore care (1).JPG

みなさん、こんにちは。141です。

いよいよ今日から6月、衣替えですね。

朝のワイド・ショーでも、小倉さんが今日からネクタイを外したので、束縛がなくなり自由に物が言えるようになる、、、なんて冗談を言ってました。

それをみていた、ワタシとカミさんは同じことを考えていました(笑)。

さぁ、身も心も軽くして、今月も楽しみましょう!

というわけで、今日はお手入れネタです。

『ゴアテックスなどの防水・透湿ウェアー』編であります。



今回お手入れするのは、マムートのゴアテックスのジャケットです。

雨天の通勤やキャンプなどなどヘビ・ロテの一着です。

gore care (2).JPG

例によって、まずはブラッシング。

そんなに丁寧にやる必要はありませんが、雨天の松林ライドの後などは、フラップの裏など砂がたまっていることがあります。

何も雨の日にわざわざ松林なんて・・・しかし雨の日こそおもしろい!

gore care (5).JPG

特にネットに入れたりせず、お急ぎモードで。

しょっちゅう洗っているし、そんなに汚れていないので。

gore care (17).JPG

これは別の(e-VENT素材)の表示タグ。

『しょっちゅう洗え』とあります。

これ、逆に考えているかたが非常に多いんですが・・・

○洗わないことによる弊害の方が

○洗いすぎによるマイナス面よりはるかに大きいそうです。

洗わないと皮脂や汚れにより透湿性が落ちます、つまり蒸れやすくなります。

洗いすぎは、生地表面の撥水性を損ないます、しかしこれは簡単にケアできます。


gore care (6).JPG

洗剤も特別なものではなく、お洒落着用の中性洗剤。

ワタシの場合、命に係わる様な危険な場所にいかないので、コレで十分。

逆に、120%ウェアの性能を活かせないと死に直結するような使い方をするかたは、専用洗剤をお勧めします。

ってか、そういうかたはこのブログなんて必要ないくらい、専門知識をお持ちだとおもいます。

gore care (7).JPG

カミさんが特売でドンキで買った柔軟剤はダメ。

アッ、いや別にドンキじゃなくてもセールじゃなくても柔軟剤は[×]。

透湿性を損ねるので。

gore care (8).JPG

洗濯終わったら普通に干します。


gore care (9).JPG

普段のお手入れがいいので、普通に水を弾きます。

ここで、水を弾かず『ベチャー』となっても、ゴアのメンブレインは水を通さないので防水性は変わりません。

では、何が違う?

防水性はあるけど、生地表面の撥水性が落ちているということ。

撥水性が落ちると、水は通しませんが、汗などが外に逃げにくくなります。

ベチャ~と張り付いた水が壁になるんですね。


ただ、ワタシの場合、死ぬようなところにはいかないので、多少撥水性が落ちても問題なし。

でも、ちょっとパワー・アップを。


gore care (20).JPG


ゴアに使える防水スプレーを、軽く湿るくらいにスプレーして乾いたら


gore care (21).JPG

軽~く乾燥、ドライヤーで軽く温めてもいいです。

こうすることによって、表面の『撥水揆』というものが揃います。

あちこち向いていた撥水揆の目が揃います。

ワタシも、そこらへんのメカニズムは詳しくはわかりませんが、毛皮に例えると『毛並みが揃う』ということらしいです。

それによって、より水を弾きやすくなるということです。


gore care (26).JPG

こんな感じにコロコロに。

さっきは、撥水性が落ちてもそんなに問題ない、って言ってたくせになんでわざわざ?


それは気持ちいいから、単純に!

クルマなんかでもそうですよね。

10年やそこらで買い替えるかたなんかは、きっと一度も洗車なんてしなくてもボディになんの問題もないとおもいます。

でも、ボンネットを転がる水滴を見るのはは気持ちいいですもんね。

それに汚れ防止にもなります。

スペルガを降ろすときにも、スプレー。


gore care (27).JPG

これも防水のため、というよりは汚れ防止。

こうしておくと、汚れても落としやすくなります。

マムートのアウターはこちら



もっとも、これくらいの状況↓なら何着てもムダ(笑)。






☆OMAKE 『JBC CAMP&RIDE』



ジャンキー・バイシクル・クラブの春秋恒例のキャンプ&ライドの模様を。


jbc camp s (26).JPG


ワタシはいろいろと忙しく、一日目の夜から参加。

お仕事帰りにクルマに自転車積んで、いつもの河原へと。



jbc camp s (20).JPG

呼んでもいないのに、コイツも夜から。

しかも翌朝シゴトなので、数時間の滞在。

せっかくなので、働いてもらいました。

コイツにリラックス・タイムなど必要ナシ。

ヘリノックスの組み立てを。



何をやらせても一流です。

今度はコバヤシと対決を(笑)。

組み立てたらとっととお帰りいただいて、そして翌朝。


jbc camp s (36).JPG

朝方の雨でびしょびしょ。


jbc camp s (37).JPG

コットン・テントは火に強く、雨漏りもしなかったけど、グランド・シートがはみ出ていたため、フロアはビショビショ。


jbc camp s (40).JPG

昨日の残り物の朝飯。


アビー・ロードな

jbc camp s (44).JPG

河川管理の

jbc camp s (45).JPG

おじさんたち、二人足りない?!


jbc camp s (50).JPG

晴れてきたので、テント乾かして

jbc camp s (56).JPG

ツーリングにしゅっぱ~つ!


jbc camp s (88).JPG

Tシャツで有名な、エル・キャピタンにとうちゃこ。

井盆さんも、アシストなしで元気に登っておられました。


jbc camp s (94).JPG

『いや~、絶対押さないで』

jbc camp s (95).JPG

『いやいや、だから、絶対押すなよ~』


と言われると押したくなるのが

jbc camp s (96).JPG

ニンゲンというもの・・・サヨウナラ。

jbc camp s (98).JPG





jbc camp s (101).JPG

今度はお花畑を抜けて


jbc camp s (105).JPG

きつい登り坂。


写真も多くなってまいりましたので、今日はここまで。


ではでは、ラたマいしゅう。

141
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:ファッション

nice! 6

コメント 2

最近

141さん、こんにちは。
手持ちのゴア製品の洗濯方法が良く分からずになかば途方にくれていたのですが目から鱗でした!参考にさせていただきます

週末お伺いさせていただきます。ではでは。
by 最近 (2017-06-01 23:15) 

northernisland

◎最近さま、いつもありがとうございます。

街着として着るなら、意外とテキトーに洗っても大丈夫なんです。
一番✖なのは洗わないこと。

時間のない時は、ぬるま湯に浸して、皮脂をとるだけでもOKです。

ご来店お待ちしております!

141
by northernisland (2017-06-03 10:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント