So-net無料ブログ作成

ちょっと小千谷へ&ごくごく普通なコーディネートを。(2017.06.28) [COORDINATE]

lodiyaDSC04401.JPG

みなさん、こんにちは。

コバヤシです。

最近タナベがすぐ家に帰りたがって困ります。

このあいだなんか出社してすぐ
「ねえ、コバヤシ、帰っていい?」
とか言う始末。

「じゃあ、最初から来なければいいじゃないですか。」
と言うと「おお、そうか、じゃあ帰っていいの?」
と目を輝かせてました。
まあ、それで帰られても困るんですが。

あんなに社交的な性格なのに、
家にいるのが好きって不思議なもんですね。

そのあと、渋々残ったタナベは、なかなかブログのマクラが思い浮かばず、
ヤケクソ気味にイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』の
ギター・ソロを最初から最後まで口ずさんでました。



チロリ、チロリ、チロリ、チロリ、トウウウウ~!!

タナベの悲しそうな歌声が響く
シュールな店内でした。

そんなわけで先日、小千谷市へ行ってきましたので、
本日はそのときの模様をお送りさせていただきます。lodiyaimage38[1].jpg

小千谷市は新潟県のほぼど真ん中にあり、
現在は長岡市のベットタウンとしても
栄えてる街です。

lodiyaOjiya_Togyu1[1].jpg

小千谷縮や牛の角突き、錦鯉などが有名で、
先日、乳がんのため亡くなった小林麻央さんも
小千谷市出身です。

小さいお子さんを残して、さぞかし無念だったかと。
ご冥福をお祈りいたします。

小千谷市には山本山高原という
とても眺めがいい景勝地がありまして、
今回はそちらへ行ってきました。

新潟市から高速で一時間弱、
小千谷市の中心部から南へ3キロほど行くと山本山。

lodiyaDSC04479.JPG

近くには信濃川発電所や、

lodiyaDSC04473.JPG

水車なんかがある、のどかな道を行くと、

lodiyaDSC04470.JPG

本格的な山道に突入。

lodiyaDSC04464.JPG

道端には花も咲いていますが、

lodiyaDSC04462.JPG

調整池を通り過ぎあたりから、もう写真を撮る余裕すらない
狭~いロング・アンド・ワインディング・ロードへ。

lodiyaDSC04453.JPG

自分の運転で車酔いしそうになりながら山頂へ到着。

lodiyaDSC04398.JPG

駐車場から一本道を行くと、

lodiyaDSC04404.JPG

休憩所や、

lodiyaDSC04446.JPG

小千谷出身の詩人、
西脇順三郎の詩碑、

lodiyaDSC04409.JPG

展望台なんかがあります。

lodiyaDSC04417.JPG

展望台からは遠くの山々、

lodiyaDSC04455.JPG

信濃川と越後平野が見渡せます。

lodiyaDSC04437.JPG

ちょっと眩しいですが、風が吹き抜けて
なかなか気持ちいい。

lodiyaDSC04451.JPG

夏はひまわり畑、秋には稲刈り前の黄金色に輝く田んぼが
美しいみたいなんで、四季それぞれで楽しめそうです。
山本山、なかなかエエところでした。

下山してから市内の船岡公園に行こうとしたんですが、
方向音痴のワタシはなぜか公園の駐車場が見つけられない。

グルグル回っているうちにお腹も減ってきたんで、
あきらめて昼メシへ。

lodiyaDSC04489.JPG

向かったのはググって最初のほうに
出てきた『ばやし』さん。

小千谷在住のノーザンアイランダーTZKさん曰く
「小千谷はラーメン屋が多い。」とのこと。

lodiyaDSC04482.JPG

大盛り10円、特盛り20円と、
大食漢の方は嬉しい店ですね。

lodiyaDSC04487.JPG

フェイスブックに写真が載ってた
ピリ辛ひき肉味噌ラーメンを注文。

背脂系のスープと太麺に大量の炒め野菜、
ひき肉が盛られてます。

かなり濃厚な味わい、そしてボリューム。
普通盛りでもお腹いっぱいに。
昔は余裕で大盛りとか食えたのになあ。
自分の胃袋の老化を感じました。

このあと新潟へ着くころには胃袋のラーメンも
消化されてるだろうと、ジムへ行くため帰りの途に。

小千谷は坂道が多いとも聞いていたんですが、
土地が隆起しているところがたくさんあって、
たしかに坂道が多かった。

坂道、高低差ファンの方にもたまらないんじゃないでしょうか、小千谷は。
ぜひ一度行ってみてください。

『ばやし』さんのフェイスブックはこちら



〇ちょこっとコーディネート

最近は新入荷もあまりないし、春夏物は少なくなってきて
非常にコーディネートをするのが難しい時期です。

しかし、まだこんなに良いのが残ってるんじゃん!
というものを使ってコーディネートを。

lodiyaDSC04626.JPG

シンプル極まりない、街中でもまったく目立たない格好。
しかし、見る人が見れば「おっ!いいの着てるね~。」と
わかるコーディネートでもあります。

lodiyaDSC04631.JPG

スメドレーのTシャツと、

lodiyaDSC04627.JPG

カーディガンの贅沢なアンサンブル。

lodiyaDSC04628.JPG

FOBのピケでは一番夏に映えるナチュラル。

lodiyaDSC04629.JPG

襟無しのものを着る時こそ
きちんとした靴を。

lodiyaDSC04630.JPG

こんな格好でお祭りなんか
観に行きたいもんです。


☆KNIT JOHN SMEDLEY BELDEN&WHITCHURCH ¥23,760&32,400
☆PANTS F.O.B. FACTORY F1134 ¥12,960
☆SHOES REDWING 9098D ¥49,680

商品名をクリックしていただくと、ウェブショップへ。



◎おでかけミュージック

lodiyaDSC04633.JPG

今回はコールドプレイの『パラシューツ』をBGMに。

いまだにこれがコールドプレイの最高傑作なんじゃないかと
言われることも多い、彼らのファースト・アルバム。

ワタシは初めて聴いたときはレディオヘッドとU2を
合わせたようなバンドだなと思った記憶があります。
今はまったく別モンですが...。

個人的には2000年代以降で一番の名曲だと思っている
「イエロー」がこのアルバムの白眉かと。

この曲の激しくもゆったりとした高揚感は
格別のものがあります。

ライブ・バージョンはお客さんとの一体感もいいですね。



それでは、また。




    コバヤシ





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント