So-net無料ブログ作成
検索選択

テイク&サンズのベストなコーディネートとワイルドでイージーな旅②(2017.07.05) [COORDINATE]

t&s vest s (18).JPG


みなさん、こんにちは。141です。

今日の新潟市はやっと雨が収まりました。

しかし、西日本の方はひどいことになっているようです。

新潟県内でも避難勧告の出たところもありました。

どうぞみなさま、お気をつけて。

決して増水した川などに近づかぬよう。



災害にくらべれば些細なことですが、このお天気だと洗濯物もなかなか乾きませんね。

家事分担でいくと、洗濯係を男性がやっている、というご家庭が多いのでは。

141家も洗濯はワタシの担当。

洗濯ものがたまると、畳むのもおっくうになりますね。

そこでいいもの見つけました。


og.jpg

世界初の全自動衣類折り畳み機『LAUNDROID』


ただ今予約受付中で、年末には出荷されるそうです。

しかもお値段もお手頃。

うちも導入を真剣に考えましたが、もう少し高くなってもいいからバージョン・アップされた後継機種の方がいいかな、と思い今回はパスしました。

アッ、因みにお値段は185万円から。

税込み?税抜き?

この機能なら安すぎるくらいなので、そんなこと気にしちゃいけません、ハハハ。



というわけで、今日はTAKE&SONSのベストを使ったコーディネートを。

t&s vest s (2).JPG

パラフィン加工を施したタフな”ベイヘッド・クロス”で仕立てたノーザン・スペシャルのベストです。

ポケットも多く、かなりの存在感。

こんな時に合わせるのは、迷わず白シャツ。

FOBのワーク・オックスを合わせてみました。

シンプルな白シャツは、少々クセのあるアイテムとのバランスをとってくれます。


t&s vest s (3).JPG

ボトムもFOBのリネンのバインド・ベイカー・パンツ。

リネンとはいっても、シャツ地のように薄手ではなくそこそこの厚みがありますので、ベストに負けない素材感があります。


t&s vest s (4).JPG

そして足元は、最近補充の入ったワーク・オックスで〆ます。

不思議なもんで、補充が入るとそれまで在庫していたものも売れてしまう。

川の流れというか、なんというか、、、やっぱり何か動きがあるとみなさまの目にとまるんでしょうね。


t&s vest s (1).JPG

☆VEST TAKE & SONS BAYHEAD CLOTH VEST "NORTHERN SPECIAL" ¥42,120

☆SHIRT F.O.B. FACTORY F3193 OXFORD WORK SHIRT ¥12,960

☆PANT F.O.B. FACTORY F0449 TOP LINEN BIND BAKER PANTS ¥14,040

☆SHOES REDWING RW 8109D ¥38,880

で、全体はこんな感じ。

ベストを普通のジャケットやブルゾン感覚で。

もちろん、ハードにアウトドアで使ってもOK。

ワタシもこれ着て釣りなんかしたらいいな~、とおもうんですが才能ナシ。


『ヨイショっと』
t&s vest s (12).JPG

この日はお仕事帰りに、プチ・キャンプ・ツーリング。

実際にこのベストをお買い上げいただいたお客様の中のお二人はスポーツ・サイクルに乗られるかたです。


t&s vest s (11).JPG

そのうちの1人のかたは、これと同型車で、佐渡ロング・ライドに参加。

KNDさん、無事完走ですか~?

因みにこの日のキャンプ道具も


t&s vest s (18).JPG

こんな感じにバッチリ。

自転車一台分の荷物が全部このベストに!!!

いや、もちろんそうはいきませんが、身の周りの小物が効率よく収納できます。

ディティールまでよく考えられた、年中使えるベストです。




☆OMAKE 『ワイルドでイージーな141家の旅②』

というわけで前回からの続きを。


141rider s (188).JPG

島一周を無事完走した我々は、今夜のキャンプ地へと。

141rider s (194).JPG

地元のお酒と


141rider s (195).JPG

カップ麺やレトルト・カレーのシンプルな夕食。

観光シーズンにはまだ早く、飲食店も島内には数件あるのみ。

商店もやっているかどうか、という感じでした。


粟島にはなにもない、と人は言うけれど、我々にとっては何でもあるわけではないけど、ものすごく豊かな島だと感じました。



141rider s (199).JPG

メシを終えたら、焚き木集めだ。




141rider s (203).JPG
アケイディアの流木を集めたらみんなで歌おう、あの歌を。



Acadian driftwood, Gypsy tailwind They call my home, The land of snow Canadian cold front, Movin' in What a way to ride, Oh what a way to go

そして、語り合おう。

141rider s (233).JPG

自由について。

IMG_2612.JPG

141rider s (211).JPG

俺たちの探しているものは、FREEDOMなのか、それともLIBERTYなのか?

宿題をやらない自由。

歯を磨かない自由。

アタマ洗わない自由。なんだかドリフみたいだな。

答は君たちの胸の中だ。


141rider s (214).JPG

ウィスキーをあおったら、酔いが回ってきた。

DHローレンスに、いや粟島さまに、
141rider s (220).JPG

イヤ~、ニッ・ニッ・ニ・ッ

プッ・プッ・プッ

インディアンズ!!!





そういえばロード・ムービー好きのコバヤシはイージー・ライダーは一回しか観たことことがないそうだ。

それはなぜか?

答えはもちろん、このシーンに。

IMG_2615.JPG

IMG_2619.JPG

正体がバレるのを恐れて

イヤ、エイガハミマセン

としどろもどろに。

この間のブログで、小千谷の高原に行ったのだって、

lodiyaDSC04417-5686d.jpg

こんなことしてたのに違いない。




141rider s (241).JPG

そして翌朝。

朝飯まえに一行動。

141rider s (247).JPG

漁協でセリ見学。

なんと一般の人もここで魚を購入できます。


141rider s (252).JPG

わ~でけ~、でけ~。

でも買ってやんない。


141rider s (254).JPG

磯遊び。

141rider s (259).JPG

シーボーズの仕返しにエレキングが?!


141rider s (253).JPG

サザエもなんと目視で、水に入らずに獲れちゃった。

もちろんここは漁業権があるので、すぐに戻しました。

釣りにも挑戦。

141rider s (284).JPG

人生初の獲物をゲット。

これがホントのBIKEFISHING。オレたち最先端?(笑)。



”THE GIRL”も自分で釣り上げられないほどの大物を!

141rider s (293).JPG

推定○○キロの大物(笑)。

結局、ズボンを切って針を外しました。

141rider s (280).JPG

島のおばあちゃんたち、『あんたら、い~の~乗ってんだね~』

そういうおばあちゃんも

141rider s (281).JPG

カーゴ・バイク。

しかもほとんどの島民がそれぞれにカスタムしたトライシクル。

我々のチョッパーもかすむぜ~。


141rider s (300).JPG

ナイス・ビューなカフェでランチ。

島ジャガコロッケが最高にマイウ~でした。

もうそろそろで、島ともお別れ。


最後に街巡りを。


141rider s (329).JPG

141rider s (315).JPG

141rider s (322).JPG



まるで昭和にタイム・スリップしたかのよう。


写真にはおさめなかったけど、この粟島にはただひとつだけ信号機があります。

クルマもほとんどなく、我々が一周したときも2時間半ですれ違ったのはたったの一台。

それなのになぜ?

答えは、島の子供たちが島を出て行ったときに事故に遭わないよう、教育的な配慮から。


それを聞いたときは時は、涙チョチョ切れモード。

島には中学校までしかありません。

つまり、卒業するとみんな島を出ます。

それが離島の現実。

     ・
     ・

脳裏に浮かぶシーンは、港を離れるフェリー。

色とりどりの紙テープ。

いつもは表に出ない父ちゃんの姿も。

じっちゃん、ばーちゃんもいつもより小さく見える。

この日に限っては、悲しく聞こえる島太鼓。

みんなが見えなくなるまで手を振る・・・

・・・なんて妄想が。

   ・
   ・
フェリーの出航までまだ時間があるので、どうしようかと考えていたら・・・

・・・THE GIRLより意外な提案が。

またあの坂を下りたいと。

しかし、下るにはまず登らねば。

しかもキャンプ道具も満載。

そこまでしても、またやりたい、『下り坂お代わり』。

じゃ~、最後にいっちょやろうじゃないの。


141rider s (331).JPG

今度は昨日と反対回りで

141rider s (330).JPG

牧場を越え、坂をヒ~フ~言いながら登っていると、そこに


141rider s (336).JPG

レッドネックのトラックか?!

IMG_2610.JPG

ヤバイっ!


いやいや、我々をゆっくりとパスしていきました。

ホント、この島はジェントルなドライバーのかたばかり。



141rider s (338).JPG

気温も上がりなかなかつらい坂が続きます。




しかし、BILLYがここで、


141rider s (342).JPG

遅れている”THE GIRL"を

141rider s (343).JPG

一旦上った坂を

141rider s (344).JPG

降りて迎えに・・・


141rider b (108).JPG

前日の『ママ、だっこ~』からは偉い進歩親バカ目線です。

しかし『人生楽ありゃ苦もあるさ~』とはよく言ったもんで。


141rider s (348).JPG

苦しいかったからこその達成感。


ここでワタシの脳内にはあるメロディーが。

24歳のころ、初めてのソロ・ツーリングの前夜に立ち寄ったバー『SOUL LOVE』で聴いた、THE BAND。

常連だったIINMさんに、THE BAND?と尋ねると、彼はこう答えてくれました。

『THE BANDを聴くと旅に出たくなるのさ』と。

正直いってそのころの僕には渋すぎて、そのツーリングでもTHE BANDのメロディは心の中にも流れなかった。


・・・月日の経つのは早いもんだと。



でも50代の今、この場面で心の中に流れてきたのはこの曲でした。



きっと登り坂の”THE GIRL"の脳内にもこの曲のサビが流れていたに違いない。

”Take a load off fanny” 荷物を降ろせ。

”Take a load for free" 自由になるんだ。

"Take a load for fanny" 荷物を降ろして

And and and you can put the load right on me" そして オレに乗っけろ




さぁ、あとはご褒美の下り坂。




う~ん





プライスレス!!!




141rider s (359).JPG


サヨナラ、アワシマ。 ZZZ~。



楽しい旅でした。


イーシー☆








nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:ファッション

nice! 3

コメント 4

関東人

いつものお笑い…かと思いきや、今回はえらく格好いいではないですか。
焚き火やTHE GIRLを先導するシーン、最高です。
お子さんにとって最高の思い出になるでしょうね。
大人になったらさすらいの旅に出ちゃいそう…。
by 関東人 (2017-07-05 12:48) 

northernisland

◎関東人さま、こんにちは。コメントありがとうございます。

長く、しかもバカ親ブログになっちゃいましたが、お付き合いいただき嬉しいです。
かっこつける気はなかったのですが、つい地が出てしまいました(笑)。
ヘタレを卒業して、旅に出てもらいたいです、やっぱり兄弟ではなく、ヒトリ旅へ。。。

イーシー☆
by northernisland (2017-07-05 13:07) 

yukiyuki

せっかくのいいくだりの途中で「ぶちぬこうか?」って笑笑
ずっこけました笑

母親想いの優しさあふれるお子さんですね!
ママ、嬉しかっただろうなぁ~♡ 

今回の涙ちょちょぎれブログは、最高!
粟島も最高!

でも宇宙人ネタはもうやめなさーい!笑


by yukiyuki (2017-07-05 17:08) 

northernisland

◎yukiyukiさま、いつもありがとうございます。

ぜひオリジナルを見て研究してみてください。(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=hjYAEtO-Ohk

ワタシにはじぇった~いいにそういうことしないんですが、ちょっくらビックリしました。もっともワタシもRGがそうなっても、1ミリたりとも下りるようなことはしませんが(笑)。

宇宙人『ネタ』ではありません。我々には『真実』を国民のみなさまにお知らせする義務が。ただいきなりだとパニックを引き起こす恐れありなので、こうしてオブラートに包んでおりまする。

イーシー☆


by northernisland (2017-07-05 17:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント