So-net無料ブログ作成

ラスト別レッド・ウィング #210 / RED WING LAST No.210 (2017.12.03) [SHOES]

rw last sDSC06180.JPG

みなさん、こんにちは。

コバヤシです。

おでんとおにぎりで
ロックン・ロール~♪

いきなりなんのことかと
思われるでしょうが、
タナベがこのあいだ作った歌です。

昼メシにコンビニで
おでんとおにぎりを買ってきて
嬉しそうに歌っていました。

おでんはロックなのか?

おにぎりはロールなのか?

そんな疑問もわきますが、
けっこうイイ曲だったんで
覚えてしまいました。

もうちょっと膨らませて
コンビニなんかで流したら
けっこう流行るかも。
そういう季節だし。

故忌野清志郎さんが歌ってくれたら
さらにいいですね。

蘇って歌ってくれないかな~。

あっ、オアシスに再結成して
演ってもらうのもいいかも。



“だって神様がおでんとおにぎりをくれる~♪”

なんか腹が減ってきましたが、
本日はラスト別レッド・ウィング210番編を
お送りいたします。rw last sDSC06218.JPG

もともと警察官や郵便配達員用の
ユニフォーム・シューズ、
サービス・シューズのために
開発された210番ラスト。

rw last sDSC06209.JPG

代表的なのは1954年に発売された
ポストマン101。

rw last sDSC06229.JPG

一日中歩き回っても疲れにくい
クッション・ソールとホールド感で、
ベストセラーになりました。

rw last sDSC06249.JPG

木型としてはレッド・ウィングの中で
もっともドレス度が高いもの。

rw last sDSC06185.JPG

同じDワイズの8番ラストと比べても
かなりの細さ。

rw last sDSC06189.JPG

幅広足のワタシはハーフ・サイズ
上げないと履けません。

rw last sDSC06215.JPG

だけど、その分シャープでカッコいい。

rw last sDSC06243.JPG

デニムからスーツまで合わせられる
汎用性の高さも魅力的。

rw last sDSC06256.JPG

ポストマンというと黒のイメージですが、
茶系カラーもなかなかいいんです。

rw last sDSC06261.JPG

型押しタイプはキズも目立ちにくく、
お手入れもらくちん。

rw last sDSC06255.JPG

チャッカ・タイプもあります。

rw last sDSC06295.JPG

オロラセット・レザーを使った
カジュアル・モデルも。

rw last sDSC06297.JPG

実はこちらのモデル、
通常のトラ紐を茶の平紐に換えた
プチ・ノーザン・別注なんです。

rw last sDSC06303.JPG

ソールの色も含めて
軽~い感じで使えます。

rw last sDSC06265.JPG

クラシック・ドレス・ラインの
キャバリー・チャッカは
よりフォーマルな佇まい。

rw last sDSC06279.JPG

ベックマンでお馴染みの
フェザーストーン・レザーを
採用しているので、
独特の光沢を楽しめます。

rw last sDSC06270.JPG

グリップ力と返りの良さを両立させた
グロコード・ソール。

rw last sDSC06292.JPG

ウエルト周りはボリュームがあるので、
ワーク・ブーツらしい武骨な雰囲気も。

rw last sDSC06308.JPG

で、キョウハコンナカンジで。

rw last sDSC06312.JPG

アウターはウールのスリップオン。
見た目からは想像もできない
軽い着心地です。

rw last sDSC06309.JPG

内側にはライナー用のボタンも
ついてますが、

rw last sDSC06314.JPG

留めずに単品で
ライナー・ジャケットを
着てもいいいんです。

rw last sDSC06317.JPG

首元のプライレット、APストールと
インナーのスメドレーのボーダーで
トリプル柄コーディネート。

rw last sDSC06315.JPG

デニムはFOBのF151。

rw last sDSC06316.JPG

そして、ポストマン。
最近、黒のピカピカなオックスフォード、
プレーン・トゥを履いてる若い方を
よく見かけますが、
ぜひ、このポストマンも履いてもらいたいなあ。

磨けば光るし、ソールの張り替えもできるし、
年を取って服装のスタイルが変わっても
ず~っと使えますからね。
すぐ元も取れます。

rw last sDSC06170.JPG

長く残るモノにはわけがあるんですよ。

以上、
ラスト別レッド・ウィング#210編でした。


☆SHOES REDWING 101D ¥37,800
☆OUTER SOUTIENCOL SLIP ON BRITHISH WOOL THUMBLER ¥91,800
☆JACKET SOUTIENCOL BUFFALO CHECK LINER JACKET ¥29,160
☆KNIT JOHN SMEDLEY COPLOW ¥33,480
☆PANTS F.O.B. FACTORY F151 ¥23,760
☆STOLE PRIRET AP STOLE ¥8,424

商品名をクリックしていただくと、ウェブショップへ。


前回までのラスト別
レッド・ウィング・シリーズも
併せてどうぞ。

ラスト別レッド・ウィング #8 前編 (2017.08.09)

ラスト別レッド・ウィング #8 後編(2017.08.21)

ラスト別レッド・ウィング#23 前編(2017.09.06)

ラスト別レッド・ウィング #23 後編 (2017.10.27)

ラスト別レッド・ウィング #17 (2017.11.07)

ラスト別レッド・ウィング #72 (2017.11.14) 

ラスト別レッド・ウィング #50 (2017.11.22) 



◎きょうの通勤ミュージック

rw last sDSC06307.JPG

きのうノーザン・アイランダーHSNさんと
話していたら、
クイーンが聴きたくなったので、
今朝は『グレイテスト・ヒッツII』を。

いろいろ迷走した時期もあった
クイーンの後期。

しかし、フレディ・マーキュリーの
死が迫った最終盤は原点回帰して、
素晴らしい曲が多い。

特に「ショウ・マスト・ゴー・オン」における
フレディの鬼気迫る絶唱は涙なしには聴けません。



“命ある限り~
このショーを続けなければ~♪”

それでは、また。




     コバヤシ







nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント