So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

FILEUSE D'ARVOR "DOUARNENEZ" &  "GARDE" (2018.02.01) [KNIT]

f d' arvor sP1340062.JPG

みなさん、こんにちは。

もう2月ですね。

ああ、2018年もあと11か月。

あっという間やね。

今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

って、何言ってんだ。

ことしはノーザン25周年。

そうそう早く終わってもらっては困ります。

この一年はみなさんを休ませませんからね。

ちゃ~んとついてきてくださいね。

なにせすごい年になりますから。

ジャニーズだって、
ネットの写真がオッケーになったんですから。

そりゃあすごいぞ。

てなわけで本日のご紹介は、
きのうに続いてダルボーを。

f d' arvor sP1340016.JPG

畔編みのプレーン・ニット、
"DOUARNENEZ" です。

発音できますか、みなさん。
これは、
"ドゥアルネ"と読みます。

パリが長かったワタシはフツーに言ってましたが、
イシイもコバヤシも読めませんでした。
きのう連絡があった新潟市東区のABくんに至っては、
"あの読めないヤツ"
とか言ってる始末。

ノンノンンノン。

いいですか、リピートアフターミー。

"ドゥアルネ"

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

グ~~~~~ッド。

ほらほらやればできるじゃないですか。

f d' arvor sP1340024.JPG

それはさておき、コレ。
めちゃんこいいです。
ドゥアルネというのもブルターニュの港町なんですが、
この畔編みは、現地では漁師編みとも言うそうです。
ずっしりとした重みがあるニットなんですが、
ノンノンノン。
着るとすごく軽いんですね。
伸縮性に優れているので、動きやすいし着やすいんです。

f d' arvor sP1340021.JPG

それはネックから

f d' arvor sP1340017.JPG

肩にかけてのこの凝った編み方。
これが最高に利いてるんですよ。
耐久性と着心地を両立させたもの。
う~ん、トレビア~ンやねぇ。

f d' arvor sP1340026.JPG

歴史と伝統を感じさせる織りネーム。

f d' arvor sP1340018.JPG

裾にはフランス海軍御用達の証、
空母ジャンヌ・ダルクの旗章。

f d' arvor sP1340020.JPG

左腕にも控えめなネーム。

f d' arvor sP1340064.JPG

写真からも
そのクオリティーが伝わるのでは。

f d' arvor sP1340061.JPG

ね。

f d' arvor sP1340027.JPG

そしてニットキャップもとうちゃこ。
このモデルは"GARDE"。
これは"ギャルド"と読みます。
アバンギャルドのギャルド。
警戒という意味なんですが、
ようは見張りか。
いわゆるひとつのワッチ・キャップですな。

f d' arvor sP1340030.JPG

裏返すとこんなかんじ。
肉厚なコットン・ニット。

f d' arvor sP1340029.JPG

もちろん、これもついてます。

f d' arvor sP1340032.JPG

ちょっと折り返すとこんなかんじに。

f d' arvor sP1340081.JPG

ほれ。

f d' arvor sP1340080.JPG

ほれ。

ああ、カッコいい。

ダルボー、いいですねぇ。

FILEUSE D'ARVOR "DOUARNENEZ" ¥19,980 "GARDE" ¥4,968

f d' arvor sP1340036.JPG

ぜんぶ、

f d' arvor sP1340038.JPG

そろえてくださいな。





    タナベ




けさのおさんぽ

f d' arvor sL1070774.JPG

みなさん、こんにちわん。

f d' arvor sL1070775.JPG

ゆうべはちょっとしかつもりませんでした。

f d' arvor sL1070778.JPG

いまはどんよりだけど、
これからいいお天気になるんだって。
雪もとけちゃうかなぁ。

ぢゃあ、みなさんまたね。



   タナベ マロ

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント