So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フランクリン・ミルズの新作ネクタイが揃いました。&佐渡日記②(2018.09.11) [GOODS]

fm co s (15).JPG

みなさん、こんにちは。141です。

久々のブログで、キーボードを打つ手がぎこちないです(笑)。

前回のブログの時はアクアピア141の水温上昇を気にするくらいだったのに。

最近は水槽にヒーターをいれました。

そういえば最近、熱帯魚も買い始めました。

ネオンテトラとかコリドラスとかの一般的な種類ですが、けっこうかわいいです。

しかし、現時点で水槽は6プラス昆虫3の計9つ。

昨日のお休みは雨だったので、一日水槽のコケ取りをしていました。

しかも来週は、(抽選で当たったら)『お堀の水全部抜く』イベント参加予定。

ますます増えるような予感。

狭い家でスペースはどうする?

最終手段は、もう水槽に住むしかないですね(笑)。

というわけで、今日はこちらのご紹介です。

追記 完売しておりましたWORKERS MOUNTAIN JACKETのRUSSET色の補充が少し入りました。
https://www.northernisland.jp/common/cgi/cart/detail.cgi?file=2018080715131858889&seihin_name=&maker_name=2014070915185496687&item_name=&ml=

fm tie s (20).JPG

FRANKLIN MILLS NECK TIE ¥10,584 each

主にイタリー製の生地を使い、日本で丁寧に仕立てているのがフランクリン・ミルズのネクタイです。

fm tie s (10).JPG

まずは、使いやすいソリッド。

fm tie s (18).JPG

小剣留めも共地でしっかりとした作り。

写真が掲載されていても、一部SOLD OUTのものもあります。ごめんなさい。

fm tie s (45).JPG

パっと見、無地のペイズリー織。

fm tie s (29).JPG

芯を入れ、丁寧に2回内側に織り込んだ作り。

イタリアの高級品の中には、芯なしでふわっとした作りのものもあります。

色気があっていいんですが、普通の日本のビジネス・シーンではなかなか難しいかも。

スーツのジャケットのショルダー部のいせ込み部分のパッカリングも同じですね。

『おめさん、どーいんらけ~、肩もネクタイもヨレヨレらねっか~』

と言われかねない(笑)。

どちらもかっこいいんですが、一部の超オシャレさんにしかわかってもらえないかも。

もちろんいい悪いの問題ではなく、好みの問題です。

fm tie s (55).JPG

生地が万が一引っ張られてもつれないように、糸の始末に余裕をもたせてあります。

手仕事でしかできない仕様です。

そういえば昔の職場のお客様で、この糸を全部切ってしまったかたがいました。

これこれこうだ、とご説明したら青くなっておりましたが、その後の使用には差し支えなかったように記憶してます。

まぁ、頭に巻いたり首を絞めたり(絞められたり)しなきゃぁそんなに引っ張られることもないとおもいますので。


fm tie s (101).JPG

お次はレジメン。


fm tie s (89).JPG

クリーンで若々しい印象ですね。

柄はシンプルですが織りに凝っています。


fm tie s (133).JPG


fm tie s (127).JPG

こちらもベーシックで使いやすい柄ですね。




fm tie 2 s (33).JPG

fm tie 2 s (4).JPG

ちょっとザックリした感じの織りの小紋。




fm tie 2 s (76).JPG

fm tie 2 s (63).JPG

こちらはベースがヘリンボーン織りの小紋。

因みにノーザンでは、メーカー資料のミスプリントの表記から『ヘリンボイ~ン』と呼んでいます(笑)。オレら子供か?!

そういえば最近、ボインって言わないな~。

この語源は大橋巨泉さんだっけ。





fm tie 2 s (101).JPG

こちらはウール混のもの。


fm tie 2 s (87).JPG

しっとりとした手触り。








fm tie 2 s (136).JPG

こちらはムラ織り感のあるシルク。

fm tie 2 s (121).JPG

ちょっとデニムみたいですね。





fm tie 2 s (171).JPG

そしてシックなドット。

ドットといえば元海部首相?


o0454035413774924760.jpg

いや、やっぱりこのかた。

東京にある『ポルカ・ドット』というディラン・ファンの聖地みたいなお店はここから。

因みにドットの大→小では、コイン・ドット→ポルカ・ドット→ピン・ドットとなります。


fm tie 2 s (168).JPG

その定義でいくと、ポルカとピン。

ネイビー(濃)とロイヤル(明)があります。


ということで、コーディネートを。

大体スーツに黒靴というコーディネートが多いので、今日はみなさん大好きな茶系の靴に合わせてみました。


fm co s (2).JPG


☆TIE FRANKLIN MILLS NECK TIE ¥10,584 

☆JACKET CANDIDUM KNIT JACKET ¥38,880

☆SHIRT NORTH OF HEAVEN LUCAⅡ NHR-001 "THOMAS MASON"  ¥22,140

☆PANTS ARBRE WOOL FLANNEL DRESS PANTS BASIC ¥18,144

☆SHOES PARABOOT WILLIAM ¥73,440

☆BAG FILSON BRIEF CASE ¥49,140


fm co s (7).JPG

ネイビー・ベースのものは問答無用になんでも合っちゃうので


fm co s (8).JPG

ネクタイ、バッグ、シューズのトーンを揃えてみました。


fm co s (11).JPG

タフなフィルソンのブリーフ・ケースに雨にも強いウィリアム。


fm co s (16).JPG

クールビズも終わり、キリリといきたいかたはぜひぜひ。



☆OMAKE 『佐渡日記』②

もう前回から大分日も経ち、記憶もだんだん薄れてきたおじーちゃんですが、がんばって続きを。

2日目の朝。


sado s (113).JPG

気持ちのいい、海岸キャンプの朝。

sado s (117).JPG

激坂を漕いで




sado s (123).JPG

sado s (129).JPG

釣り体験

sado s (134).JPG

大漁大漁。

sado s (145).JPG

さっそくその日のお昼に。


エネチャージしたらサイクリング。


sado s (163).JPG

sado s (155).JPG

洞窟へ。

sado s (160).JPG

なんだかとっても霊的なパワーがありそうなところ。

sado s (159).JPG

とても内部にはカメラを向ける気になれませんでした。


sado s (180).JPG

千石船を見学して


sado s (181).JPG

昔の学校校舎を利用した民族資料館を見学。

なんだか居残り授業を受けてるみたいだな。


sado s (188).JPG

古いものもいっぱい。ロックガレージか?!(笑)。


一番チビたちに見せたかったのが、JBCツーリングでも行ったここ。


sado s (308).JPG

sado s (195).JPG

sado s (197).JPG

とってもキレイな入り江。

しばらく水切りなどをして過ごしました。

sado s (191).JPG

田んぼを抜けるかぜがキモチいい。

写真も多くなってまいりましたので、この辺で。

最後にOMAKE。

佐渡では、巨匠リドリー・スコット総指揮のもと映画『アースクエイク・バード』という作品のロケが行われた模様。


それに対抗して、『巨匠ジドリー・スコット』の作品を。




ではでは、また。


141













nice!(4) 

nice! 4

Facebook コメント