So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018秋冬コバヤシ的おすすめ、その⑦&東京へ行ってきました。~後編~(2018.12.18) [COORDINATE]

tokyo sP1460432.JPG

みなさん、こんにちは。

コバヤシです。

このあいだのお休みは
風邪気味だったこともあり、
ひさしぶりに家でゆっくり。

昼寝してYouTube観たりなんかしてると
あっという間に時間が過ぎていきます。

まあ、たまにはこういう
休みらしい休みも必要ですね。

で、きょうはさっそく、
そのとき見つけた宇多田ヒカルさんによる
U2のカバーをかけながら、



秋冬おすすめ第七弾を
お送りいたします。

tokyo sDSC00081.JPG

まずはスティアンコルの
ウィリス&ガイガー。

tokyo sDSC00095.JPG

オリジナルは言わずと知れたアメリカの、
伝説的なハンティング・ジャケットですが、

tokyo sDSC00089.JPG

スティアンコルではイタリア、
オルメテックス社のオイルド・クロスを使用。

tokyo sP1460440.JPG

オイルド・クロスと言っても
ベタつきは少なめでしっとりとしたかんじ。
着こんでアタリが出たり、
汚れなんかがついてもカッコいいですよ。

tokyo sP1460433.JPG

職人泣かせの立体的なポケットも
見事に再現。

tokyo sP1460437.JPG

内側にはライナー用のボタン付き。

tokyo sP1460431.JPG

残すところサイズ2のみ。
オトコっぽいジャケットを
お探しの方にはおすすめです。

tokyo sP1460443.JPG

続いては、こちらもタフな男のブーツ。
レッド・ウィングのエンジニア#9269D。

tokyo sP1460454.JPG

この秋冬は完全限定生産で、
毛足の長いラフアウト・レザーや、

tokyo sP1460445.JPG

少し細めのシャフト、

tokyo sP1460448.JPG

低めの位置につけられた
アンクル・ストラップなど、
1991年発売当時のモデルを忠実に復刻。

tokyo sP1460462.JPG

これはもうエンジニア好きの方には
たまらないでしょう。

tokyo sP1460435.JPG

ベージュ色のスエードは重くなりすぎず、
春夏も合わせやすいですね。

tokyo sP1460429.JPG

で、きょうはその復刻モデルたちを
コンナカンジで。

tokyo sP1460436.JPG

スメドレーのカーディガン、
ペットワースのインディゴと、
マフラーはピンテールのミッドナイト。

tokyo sP1460434.JPG

パンツはひさしぶりに復活したFOBのカーゴ。
ワタシのは3年くらい穿いてるやつ。

tokyo sP1460441.JPG

アタリもいいかんじに出てます。
なかなかコシのある生地なんで、
一年中使えますよ。

tokyo sP1460438.JPG

どれもクラシックなものばかりですが、
またいつ無くなるかわかりません。
手に入るうちにぜひ。


☆OUTER SOUTIENCOL WILLIS&GEIGER #182007 ¥74,520
☆SHOES RED WING 9269D ¥54,864

☆KNIT JOHN SMEDLEY PETWORTH ¥36,720
☆PANTS F.O.B. FACTORY F0422 CARGO PANTS ¥18,360
☆STOLE JOHN SMEDLEY PINTAIL ¥19,440

商品名をクリックしていただくと、
ウェブショップへジャンプします。



◎東京へ行ってきました。~後編~

T&C sDSC09898.JPG

2018秋冬コバヤシ的おすすめ、その⑥&東京へ行ってきました。~前編~(2018.12.11)

宇多田さんのライブを楽しんだ翌日、
ホテルをチェックアウトしたら、
電車で浅草へ。

T&C sDSC09998.JPG

浅草寺の雷門前はものすごい人混み。

T&C sDSC00014.JPG

仲見世通りを通っていると
日本人観光客の方と同じくらい
外国人観光客の方も見かけます。
こっそりワタシみたいな
ウチュウジンもいるかも。

T&C sDSC00019.JPG

五重塔を横目に宝蔵門をくぐると、

T&C sDSC00030.JPG

本堂です。
今年一年の感謝と来年も良い年であるように
お参りしてきました。

T&C sDSC09901.JPG

浅草寺を後にしたら
隅田川に架かる、

T&C sDSC09904.JPG

吾妻橋を渡ります。
有名なアサヒビール本社と
スーパードライホールも見えますね。

T&C sDSC09912.JPG

この印象的なビルとオブジェは
フランスのデザイナー、
フィリップ・スタルク氏によるもの。

アサヒビールタワーは
泡のあふれるビール・ジョッキ、
ホールは聖火台、オブジェは
燃え盛る炎をイメージしているようです。

T&C sDSC09916.JPG

そのビルの横を通って、
さらに歩いていくと
見えてきました、
東京スカイツリーが。

T&C sDSC09927.JPG

2012年に開業したからと言うもの
一度行って観たかったんです。

T&C sDSC09931.JPG

間近で見るとやはりデカい。

T&C sDSC09940.JPG

入口のある4Fフロアからエレベーターに乗り、
高さ350メートルにある第一展望台までは
わずか50秒!でとうちゃこ。
静かすぎて移動している実感が
わかなかったな。

T&C sDSC09936.JPG

展望デッキでは東京が一望できます。

T&C sDSC09951.JPG

せっかくなんで、
ここからまたエレベーターに乗り、
高さ450メートルにある第二展望台へ。

T&C sDSC09962.JPG

ちょっと窓枠が邪魔ですが、
確かに一段上がった感があります。
夜景も良さそうですね。

T&C sDSC09969.JPG

下りのエレベーターに乗り、
フロア340にあるガラス床にも挑戦。
厚さ12mmの強化ガラスを
4枚重ねてあるとはいえ、
下を見ると思わずアレが
縮みあがってしまいました。

T&C sDSC09980.JPG

帰りのエレベーターもあっという間。
周りにあるショッピングセンターを
ブラブラしたら電車に乗り東京駅へ。

T&C sDSC00034.JPG

東京駅でお土産を買ったら
また上越新幹線で新潟へ帰ります。

あっという間の二日間。
わりと天気が良くて助かりました。
天気が良ければ旅行は
成功したも同然ですからね。

T&C sDSC09926.JPG

今度はどんなコースで行こうかな、
東京。



それでは、また。


   コバヤシ







nice!(4) 

nice! 4

Facebook コメント